『容赦と安寧』

「冬羽に、何をしたのかって聞いてるんだよ...黒雨」

 

オフ日の午後4時、咲玖に呼び出されて彼の部屋に来ていた

問いただされているのは何の事だろう?

さっきから考えているけれど

一向に思い当たらない

 

「んー...今日はトワたんに会ってないから何もしてないよ?

変なこと聞くねぇ...夢見でも悪かった?」

 

事実、今日はこの部屋に来るまで自宅で寝ていた

冬羽から連絡も無かったし本当に会ってない

僕は嘘はついてない

 

のに...

 

「そうじゃない、そうじゃないよ黒雨

今日の事じゃなくて

きっと、恐らく数週間前の事だ

君は冬羽に"何か"をしたんだ」

 

数週間前...美味しいケーキを食べながら過ごした日

そう、美味しいケーキを食べたついでに

「トワたんを刺した日だね、フォークで。」

 

「お前...っ、何を...」

 

「でもおかしいなぁ...確かその話は僕とトワたんだけの秘密だよ?

なーんで咲玖たんがそんな事知ってるのかなー

...と、思ったけど違うか

君ってばトワたんが隠しきれなかった異変に目ざとく気づいた訳だ?

それで真っ先に僕を疑ったのはどういう了見かさっぱり分からないけれど

まぁ、その偏見については見当違いじゃなかった事に免じて許すよ」

 

にっこり笑って僕は咲玖を許してあげた

人らしく情の過ぎる彼を優しく許してあげた

これは褒めてもらわないと割に合わない

 

「笑い事じゃないだろ!仲間を傷付けるなんて何を考えてるんだお前は!

いくら俺でもそんなの許容できないよ!」

 

えー、褒めるところだと思うんだけど

なんで掴み掛る勢いで怒ってるんだろう

咲玖ってこんなに情緒不安定だったかな

 

「許容できないって...今は君の狭量さの話じゃないでしょ?

そもそも僕はトワたんに許されたし、僕もトワたんを許したよ

つまり、えーっと、そう...君には関係ない」

 

だってあの事件は事件にならず終わった

冬羽が殺されたがった事実も

僕がフォークで冬羽を刺した事実も

全部、終わった話なのだ

ここで咲玖が出しゃばる問題じゃない

 

「関係ない?そんな訳ないだろ!仲間が仲間を刺すなんて残虐な事件...俺には放っておけない!」

 

勢いよく肩を掴まれてちょっと首を傷めた

言っておくけど僕の身体は強くない

筋肉もないしそもそも骨が細い

フォークで人を刺す程度の力しかないのに

この男ときたら遠慮なく揺さぶってきた

 

「あー...首が痛い、肩掴んで揺らすのやめて

やれやれ君はお節介が過ぎる上に暴力的ときた...こんなの僕の手に負えないよ

負けても負えない負えても負ける

だから...離して」

 

「痛っ...?!」

 

さて、みんな知ってるよね

人間は関節をぎゅーってされると痛いの

護身術に使えるよ、覚えて帰ってね

 

「子供の頃に一人はいたでしょ?

友達の手首を絞めて『痛い?(笑)』って聞く奴...何が楽しいのか分からないあの戯れ

まさかこの歳になってやるとは思わなかったけど...ねぇ、痛い?(笑)」

 

手首を押さえて距離を取ろうとした彼に

ぐっと顔を近付ける

 

「君は僕の手に負えないけど、君の手に痛みを負わせるくらいは僕にも出来る

仕方ないから聞いてあげるよ

君は何が望みで終わった話を蒸し返してるの?」

 

じっと見つめて話を促すと

睨むような、畏怖するような

複雑な目を向けて口を開いた

 

「だ、から...仲間を...「ごめんやっぱり面倒だから今のナシ」

「え?」

 

手首を押さえている方の手を掴んで

さっきより強く握り締める

骨を折る気で握ればちょうど非力な僕でも彼を無力化できるはずだ

 

「!い゛...ぅ、あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙!」

 

「...あれ?」

 

思ったより反応がえげつなかったので

パッと力を緩めると

彼はうずくまって唸り出した

僕って意外と握力あるんだなぁ

 

「黒 雨...なんで、こんな事を...?」

 

なんだそのセリフは

それじゃまるで僕が残酷な犯罪者か何かみたいじゃないか...失礼しちゃうな

なんでってそんなの...そんなの...

 

「...?理由か、理由...えっとねー

あ、昨夜の夢見が悪かったから」

 

「...は?」

 

「昨夜の夢見が悪かったから君に八つ当たりした

そんな感じでどう?」

 

「どう?って...お前...」

 

「オマケに君が持ち前のお節介で終わった話を蒸し返した挙句、僕を揺さぶって首を傷めたから仕返しした」

 

未だ座り込み手首を押さえている彼を見下ろして

懇切丁寧に"理由"を説明したのだけど

どうも彼は放心しているようだ

ちっとも反応がない...

 

「咲玖たーん?」

 

「...っあ、お前は...おかしい...」

 

「おっと、イキナリ悪口?

うん...まぁいいよ

そういうのは気にしないから

それと、僕は一番大事なことを言い忘れていたからね

その混乱を少しでも緩和するために教えてあげるよ」

 

さっきから咲玖の反応に違和感があった

どうして彼はこんなに物分りが悪いのか

どうして僕に対して"仲間"なんて言葉を連呼するのか

そう、僕は大事なことを伝えてなかった

冬羽に話したことで他の人にも伝わった気になっていた

 

「僕はね、本当に人間が嫌いなんだよ

冗談じゃなくて、嘘でも照れ隠しでもキャラ付けでもなくてね?本当に人間って生き物が嫌いなの

だから君達を仲間だとは思ってない...」

 

冬羽に話した時と同じ説明をした

微生物より微々たる感情と人らしさを最大限使って彼らと仲良くしていること

本当に殺したいほど嫌いなこと

でも殺せないこと

そう、あの日冬羽に話したことを教えてあげた

 

こうなったらいっそ襲たんも一緒に聞いてくれたら今後が楽だったのにとか

途中からそんな風に思いながら話していた

 

僕の言葉を聞くたび咲玖の目は伏せがちになり

ちょうど頭を抱えだした辺りで話し終えた

 

「...つまりそんな訳で僕はトワたんを刺したけど、トワたんは僕を許したってコト 分かった?」

 

僕の問いかけに答えようとせず

ただただ黙り込む彼に寄り添い抱き締めた

一瞬、身体が強ばったのを感じたけれど

構わず続けて話しかける

 
f:id:mizunowater:20170310162828j:image

 

「ねぇ、咲玖たん...僕はトワたんを刺した後に言ったんだよ

こんな事を君や襲たんが知ったら

Vanneは終わりだと思うよって

でも、トワたんは君達を過大評価してこう答えた

『襲と咲玖がそんな薄情だとは思わねぇ』ってね...」

 

肩を支えて覗き込むと

少し震えながら顔を上げて僕を見た

その表情はなんと言えばいいのか

今にも泣き叫びそうな表情で

けれど、何かを理解しようと必死なようにも見えた

 

「...こんなの、情の問題じゃない

刺したお前も刺されて平気な冬羽も

そんなお前達を情だけで許すと判断した二人の考え方も全部、全部おかしい...

 

おかしいのに...これじゃあ俺が間違ってるみたいじゃないか」

 

よく分からないけど、きっと咲玖は間違ってない

僕らの中で一番の常識人と言われる彼のこと

多分その考え方が一番正しいのだろう

だけど...

 

「君は間違ってる訳じゃないと思うけどね

残念ながら君が身を置いてる場所は

その正しさこそが仇になる」

 

だからって僕が間違ってる訳でもないけど

 

「どうして、お前達は正しく生きられないんだ...せめてVanneの中だけでも

嘘でもいいから正しく平和に生きてくれよ」

 

懇願するように僕にもたれる彼を見て

果たして僕は何を思っただろう

可哀想とか、申し訳ないとか

そんな感情が湧けば良かったのかもしれない

 

実際は、全く記憶にないほど何も思わなかったのが真実だけど

 

「それは無理だよ...というか、よくそんな酷い無茶を言えるね

そもそも、僕もトワたんも自分なりに容赦と安寧ってのを持ってるのに

何も持たない君が偉そうに言うなよ」

 

あ、今なんで俺が責められてるんだって顔した

さすがの僕にも分かった

だけど、こんなの責めたくもなって当然だ

 

「...容赦と、安寧?」

 

「僕は人間が嫌いだけれど、僕にだって人らしさがある...だから君達を許してVanneという場所に身を置き、これでも平和に暮らしてる

トワたんは唯一、僕みたいな奴が苦手だけれど...僕を許してVanneを守り

あれでも平穏に暮らしてる

なのに君ときたらあれも許さないこれも許さない

何も容赦しないどこにも安寧がない

そんなの...許されるわけないでしょ

もしかして君は、自分が正しいから全て自分に従えとかそういう独裁的な話をしてるの?」

 

なんとなく最初から分かっていた

Vanneの中で不協和音を乱すのは咲玖だと

だって出会った時から彼は綺麗な音ばかり

なるほど、それは確かに個々の不協和音となら上手く合わさって素敵な音楽になるかもしれない

けれど、二対一、三対一になればどうだろう

こうやって綺麗な音は不協和音に飲まれて

消え入りそうになりながら足掻く

 

「違う...俺はただ、大切な人に傷付いて欲しくないだけだ

大切な人に...刃を振るって欲しくないだけだ...」

 

こんな事になっても僕を大切だという

彼も一度好きになったら二度と嫌いにならないタイプなのだろうか

本当に人間は分からないな

 

「まぁ、それが君の安寧だと言うのなら

簡単な話だよ、僕を許す事だ

僕は誓ったよ?どうせ殺せないんだから金輪際、君達を殺そうとはしないって

だったら君が許すのは僕の過去の過ち、たった一つでいい

それだけで君も僕らと同じ

平和で平穏な暮らしが出来る」

 

本当は過ちだなんて思ってないけど

 

そもそも冬羽が殺されてみたいなんて言わなければ

僕の人間嫌いを軽視しなければ

あんな風に会話を"誘導"しなかったのに

全く、冬羽には恨みしかないよ

 

「黒雨を...許す...?」

 

「そう、僕を許すんだよ

子供の悪戯を笑うように

無意識の無礼を流すように

不意の事故を示談にするように

凄惨な被害を不運で済ませるように

...それだけで、君に安寧が訪れるよ」

 

ここまで言ってふと思った

何故こんなことになったのかを

 

冬羽はあの後、本当に誰にも何も言わず

傷も見えないようにバレないように

それはそれは上手く隠していた

僕もしれっとしていたし

特にお互いを避けたりもしていない

どころか今まで通り一緒に襲たんをからかって遊んでいたくらいだ

 

正直、一生バレない自信があった

なのに...ズバリ言い当てられたわけじゃないとはいえ

咲玖は僕が冬羽に"何か"をしたのだと

察して、問いただし、僕に吐かせた

 

冬羽が隠しきれなかった異変に気付いたんだね...と言いつつ

僕は納得していなかった

冬羽は隠しきっていたから

 

そうなるといよいよ訳が分からない

どうやって彼は僕と冬羽の秘密に気付いたんだろう...

 

「許すよ」

 

僕の提案を聞いた後

しばらく考え込んでいた咲玖がポツリと呟いた

 

「ん?」

 

「俺はお前の過去を許すよ...黒雨

二度と殺そうとしないって言葉を信じて

冬羽が許したお前を許すよ...」

 

「そう、良かった

これで君も僕らと同じになれたよ

晴れて安寧は君のものだ、おめでとう」

 

顔は全然、許すって顔じゃないけどね

言質は取れたし僕は構わない

 

「ところで、一つ気になることがあるんだよ

許すついでに教えてくれない?」

 

「...何を?」

 

「君が今回のことに気付いた訳を教えておくれよ

話を進めるためにトワたんの異変に気付いたどうこう言って決め付けたけど

...そんな訳ないよねぇ?」

 

率直に疑問をぶつけると

分かりやすく目を泳がせた

人の目って本当に泳ぐんだなぁ

反応からしてやっぱり冬羽に異変があった訳じゃない

さらに言うと真実は多分、ロクなものじゃない

 

なにやら迷った後、咲玖が重い口を開いた

 

「俺は、気付いた訳じゃない

襲が...頼んできたんだ

 

『冬羽が怪我した理由を黒雨に聞いてこい』って」

 

へぇ、襲が...

 

「...なるほど、面白い冗談だね。」

 

 

 

 

 

 

 

……To be continued(?)