VanneキャラクターソングVol.2 絆

容赦と安寧

歌:『黒雨』&「咲玖」

詞:mizunowater/恩田 啓夢

曲:染井 シュウ

 

『ゆっくり侵食してゆくような

心地悪い温度に溶かされる前に

距離を置かせて 逃げさせて』

 

「土足で心を踏み躙らないよう

細心の注意を払って

飲み込む言葉はどこに吐けばいい」

 

『例えば 今 何もかも

消え去る時が来たとして

笑う僕を許せないなら

君の望む 居場所はここにはない』

 

『「泣いて叫んで叶うなら

初めからこんな願いなんて

星にも神にも祈らないよ

ねぇ 右にも左にも行けない

八方塞がりな毎日で

どれだけ受け入れたら その安息は手に入るの?」』

 

「凄凄切切 解り合えない

この空洞を何で埋めよう

触れようと手を伸ばしてみても」

 

『許容範囲は極めて狭い

その手をどう切り落とそう

指先一つ掠めていかないで』

 

「例えば 今 心変わりして

その笑顔が本物になっても

疑いそうで怖いんだよ

今更 君を救えない...?」

 

『「駄々をこねる子供みたいに

あれも嫌でこれも嫌いキリがないな

いっそ わかり易く線引きして

八方塞がりな毎日でも

仮初めの安息を手に入れてみようか」』

 

『ゆっくり侵食してゆくような

心地悪い体温に溶かされるように

この感情を焼き切って』

 

「土足で心に踏み込みながら

注意する事も忘れて

この言葉は君に吐き出そうか」

 

『「...なんて出来もしない理想」』