天使の涙

あの日僕は、僕にお別れをした…


目が覚めるとそこは見知った場所だった
この辺りで一番大きな教会
僕が育った"家"

中に入ると人気は無く、瓦礫で床も疎らにしか見えない
上層部の長年に渡る不祥事が原因で
先日、内部崩壊が起きて潰れてしまった

僕はその不祥事の"被害者"だと教えてもらった
確かにずっと地下深くの部屋に軟禁されていて
だけどそれが普通じゃない事を知る術もなかった僕は
外の世界があること、朝と夜があること、幸せや不幸という概念があること、この世界に救いがあることすらも知らずに生きていた

そんな僕を暗い地下から連れ出してくれたのは
気まぐれだけど優しくて強い女の人と
口が悪くて乱暴だけど温かい手で僕を抱き上げてくれた男の人だった

その時僕は、地下にいた頃に教会の人から言われたことを思い出した

「誰もお前に会いになど来ない
こういう場合、来るとしたら親だろうが...
残念だったな、お前の親はもういない」

親というものが何かは分からなかったけれど
きっとパパとかママとか、お父さんお母さんって呼ばれている人のことだと思った
それと同時に、親がいないなんて嘘だったんだと思った
だって、僕に会いに来てくれた女の人と男の人がいる
この人たちは僕の...「まま、ぱぱ...」

そんなつもりは無かったけれど、自然と言葉にしていた
二人は一瞬びっくりした顔をして、それから笑った

「オイオイ..."ぱぱ"だとよ、隠し子か?」

女の人が男の人の肩に手をかけて寄ると
男の人はため息をついた

「あー?それで言ったらお前が俺の嫁だぞ
なんせお前が"まま"なんだからな」

そんなやり取りをしばらく続けた二人は
ふと僕を見て真剣な顔になった
「どうしたの?」と、声をかけると
女の人が僕の顔を手で包んだ

「うん、決めた...私はお前の親だ
今日から私がママだぞー
...あ、でもお母さんの方がいいなぁ」

苦笑いをしながら男の人に抱き上げられたままの僕に擦り寄ると、優しく撫でてくれた

「十架...」

「?」

「お前の名前、無いんだろう?
親である私が付けてやらないとな、だから十架だ
これから先の人生、この十字架の名前があれば
災厄から守られるだろう
安易だけどな、言葉には力がある
この名前がお前を守ってくれると私が宣言しよう」

「ありがとう...おかあさん」

僕はなんだかくすぐったくて、少しだけ息が苦しくなった

それから三人で教会を出ると、お父さんとは違う黒くて長い髪を束ねた男の人がいた
お母さんが駆け寄って短く話をした後、僕を手招きしたので
お父さんから降りてソロソロと歩み寄った

「これ、私が預かる事にしたから
助けたのは私達なんだ文句はないだろ?」

「...犬猫じゃないんだよ、そんな簡単に決めていいことじゃないと思...「やーだーね!
人の子なのは分かってるよ、でも絶っ対に幸せにしてやる
私は、上層部の奴らみたいにこの子の言葉を否定したり行動を制限したくない
私はこの子に小さな幸せを沢山教えてやりたい」

お母さんはそんな話をしばらくして、僕を抱き締めた

「何もかも間違っていたとしても、ここはお前の家だった場所だ
過去のお前に別れの言葉を告げな?
もうここには、戻らないからね」

そう言うと優しく僕の背中を押して
教会の方へと体を向かせた
僕は言葉を考えた、いっぱい考えた
だけど言葉なんてあまり知らなかったから
どうしても気持ちの全部は表せそうになかった

その時、教会の入口に人影が見えた
そこには紛れもなく昨日までの僕が立っていた

「あえ...ぼく...」

「十架?」

どうしてかなって思ったけど
その気持ちはすぐに消えて
代わりに言葉が出てきた

「あのね、ごめんね...僕いくね
おとうさんとおかあさんが出来たよ
あのね、ありがとね...僕これから外の世界が見られるんだ
それは今までがあったからだとおもうの
それからね、あのね

あのね

さよなら...昨日までの僕...」

何を言っているのか自分でも分からなかった
でも言いたいことは言えた気がした
僕がゆっくりお母さんの方に向き直ると
「これからが始まり」と言って抱き締めてくれた

とめどない涙と一緒に今まで出したことのない声が僕の中から響いていた…

僕は初めて"泣く"ということを知った






著:恩田 啓夢

ブログ限定公開イラスト

閲覧ありがとうございます
恐らくTwitterのお知らせツイートから
URLをポチっとして、わざわざ来てくださったのでしょう・・・愛してる😇

という訳でコチラ⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎

f:id:mizunowater:20190119191158p:plain

ブログ限定公開イラスト1枚目です✨

我が家の看板息子の冬羽と、彼の仲間であり保護者的ポジション襲
最初という事でmizunowater創作事務所の始まり
Vanneから この二人を抜粋しました👍

URLポチったの後悔してない?大丈夫?😶

えー、今後もこんな感じでTwitterよりは少し
本当に少しマシなイラストをブログ限定で公開していこうと思います😁💕

これからもmizunowater創作事務所をよろしく!🙌🏻💓🙌🏻💓

新年の御挨拶

f:id:mizunowater:20190116135724j:plain
遅ればせながら明けましておめでとうございます
mizunowater創作事務所です

小説の打ち切り、更新の停止など
昨年はサボり大魔神でございました

というのも
事務所の背景担当である染井シュウが見事
水野家の居候を脱し、独り立ちした為に
活動方針の見直しや欠員の確保など
奔走していた裏事情があります

そして、最終的にどうなったかと言いますと
プロット担当である恩田啓夢の希望により
短編集をメインとした創作ブログにマイナーチェンジする事となりました

また、作画担当であるMizunoWaterによるブログ限定公開の作品や
新たに加入した結城蓮馬のプロデュースによる被写体作品などをお見せしていこうと思います

活動範囲が多岐に渡る為、更新頻度は遅めかと思われますが
引き続きmizunowater創作事務所をよろしくお願いします

それでは、今年もよろしくお願い致します





mizunowater創作事務所一同

虚無の海

泣けば音が止みますか
責め立てるようなこの音は

狂えば息は止まりますか
捲し立てるようなこの鼓動も

この眼に見えているものはなんでしょう


あの日、あの時、例えばわたしが
貴方を信じて愛し続けたなら
ここに貴方はいるのでしょうか
わたしの隣にいるのでしょうか

貴方の残した声と音と震える空気が
今も心に突き刺さる

眠れば夢のように消えますか
嘘みたいなこの現実は

語れば霧は晴れますか
体内に満ちたこの霧は

泣いても音は止みません
責め立てるようなようなこの音は

狂っても息は止まらない
捲し立てるようなこの鼓動も

この眼に見えているものは

貴方がいない虚無の海









著:恩田 啓夢

『相対』✱参

俺はその目をよく知っていた

嫌という程、見慣れていたんだ

 

俺には五つ年の離れた兄がいた

特別、頭がいいとか顔がいいとか

そんなんじゃなかったけど

とにかく優しい兄だった

 

いつも俺のくだらない遊びに付き合ってくれて

母親の手伝いも率先してやりながら

仕事から帰って来た父親を労い肩を揉む

そんな自慢の兄だった

 

だけど、気付いていた

兄が時折みせる"眼差し"

憎しみと畏怖の混じった視線

それが日常の至る瞬間に現れては消える

 

まだ幼い子供だった俺に

その眼の意味を知ることは出来なかったけれど

本当は兄が家族を嫌いなのかもしれないと

そう、心の片隅で考えたりした

 

ただ、父や母は何も気付いていないようだった

兄の優しさに誇りを持っていて、反抗期が無かったことを度々他所の親に自慢していた

 

ある冬の日

父は出張、俺は学校のクラブ活動で家には母と兄しかいない日があった

そんな特別な事じゃない 今までも何度かあった

だけどその日は、特別な日になったんだ

 

クラブ活動を終えて帰宅すると

いつも玄関まで迎えに出てくれる母がいなかった

少し不思議に思ったけれど、料理でもしていて手が離せないのだろうと気に止めなかった

 

「ただいまー」

 

開けっ放しのドアからリビングに入ると

そこにはソファに寝ている兄がいた

 

「兄さん、こんな所で寝たら体が痛くな...る...」

 

それは、寝ているというにはあまりにも惨い

大好きな兄の変わり果てた姿だった

 

包丁で胸をひと突き、その柄を握りしめたままの両手には

血で染まった紙がくしゃくしゃになって握り込まれていた

 

俺は恐る恐るその紙を引き抜いて、震える手で開き、読んでみた

 

"その存在が罪だと

人間はいつまで経っても気付かない

だけど同じ人間の僕には気付かせる術がない

消え去るしかないんだ

俺は生まれてくる種を間違えた

さようなら、来世はどうか鳥になれますように"

 

「...なんだよ、これ」

 

頭の中に、優しかった兄の笑顔と俺だけが気付いていたあの眼がぐるぐると駆け巡った

 

目眩と吐き気に襲われ急いでキッチンへ向かうと

シンクを目の前にして何かに躓いて転んだ

 

起き上がり、後ろを振り返る

 

緑色のエプロン

柔らかいロングワンピース

緩く束ねた髪にシンプルなバレッタ

それは紛れもなく母だった

 

お腹の辺りから流れ出している赤色が

俺の足元までつたっているのを見て

息をすることすら忘れそうになった

 

それからの事はあまり覚えていない

きっと外に飛び出して近所の人に助けでも求めたのだろう

気づいた時には父が帰って来ていて、警察官が慌ただしく動いていた

兄と母がいた場所には血痕だけが残っていて

その後、二人の姿を見たのはお葬式の時が最後だ

  

"兄による無理心中"事件はその方向で片付けられた

動機は不明という事になっている

 

俺が見つけた兄の遺書は、警察には見られていなかった

記憶にない放心状態の中で無意識に隠したらしい

何故隠したのかは俺にも分からない

そしてその遺書は、今も俺の手元にある

 

✱✱✱

 

当時、七歳だった俺は今年十五歳になった

事件から八年が経過した今でも

時折あの日を夢に見る

 

今は父とアパートで二人暮らしをしている

元々は一軒家だったけれど、住み続けるには辛すぎたために引っ越した

 

父はあの日から仕事漬けの毎日を送るようになった

"働いていると気が紛れるんだ"といつも疲れた顔で話す

お酒やギャンブルに逃げなかったのは、まだ子供の俺がいたからかもしれない

 

斯く言う俺も十四歳で芸能の仕事を始めた

学校で退屈な授業を繰り返し受けたところで気は紛れない

慌ただしくて、賑やかで、休む暇もないような仕事が良かった

最初は子役事務に入ってノウハウを学んで

セルフプロデュースで活動するようになったのが十五歳の誕生日の後

 

次の仕事で自分が参加する雑誌のバックナンバーをペラペラと捲っていたその時

一人の男に目が止まった

 

黒髪に小さな顔、小柄な身体...そして

 

「兄さんと同じ眼...」

 

 

同じと言っても色形じゃない

眼差しだ

憎しみと畏怖が混ざったような眼

 

雑誌の写真だからだろう、その要素は微々たるものだった

でも、じゃあ素のコイツの眼はどうなんだ

兄さんが時折みせたあの眼より

もっと強い憎悪が含まれているんじゃないか

 

「...コイツになら分かるのか?」

 

"生まれてくる種を間違えた"と嘆いた心

"鳥になれますように"と願った最期

兄さんの気持ちが、考えが、苦しみが、本性が

同じ眼をしたコイツになら...

 

 

 

 

 

 

✱続く✱

VanneキャラクターソングVol.2 絆

容赦と安寧

歌:『黒雨』&「咲玖」

詞:mizunowater/恩田 啓夢

曲:染井 シュウ

 

『ゆっくり侵食してゆくような

心地悪い温度に溶かされる前に

距離を置かせて 逃げさせて』

 

「土足で心を踏み躙らないよう

細心の注意を払って

飲み込む言葉はどこに吐けばいい」

 

『例えば 今 何もかも

消え去る時が来たとして

笑う僕を許せないなら

君の望む 居場所はここにはない』

 

『「泣いて叫んで叶うなら

初めからこんな願いなんて

星にも神にも祈らないよ

ねぇ 右にも左にも行けない

八方塞がりな毎日で

どれだけ受け入れたら その安息は手に入るの?」』

 

「凄凄切切 解り合えない

この空洞を何で埋めよう

触れようと手を伸ばしてみても」

 

『許容範囲は極めて狭い

その手をどう切り落とそう

指先一つ掠めていかないで』

 

「例えば 今 心変わりして

その笑顔が本物になっても

疑いそうで怖いんだよ

今更 君を救えない...?」

 

『「駄々をこねる子供みたいに

あれも嫌でこれも嫌いキリがないな

いっそ わかり易く線引きして

八方塞がりな毎日でも

仮初めの安息を手に入れてみようか」』

 

『ゆっくり侵食してゆくような

心地悪い体温に溶かされるように

この感情を焼き切って』

 

「土足で心に踏み込みながら

注意する事も忘れて

この言葉は君に吐き出そうか」

 

『「...なんて出来もしない理想」』

VanneキャラクターソングVol.2 絆

Day and Night

歌:『冬羽』&「襲」

詞:mizunowater/恩田 啓夢

曲:染井 シュウ

 

『今 この手に掴む

好奇心を捨てるなんて出来ない』

 

「また 目を離すと

見えなくなるその姿を追いかけて」

 

『どんなに 遠く突っ走っても

引き戻してくれる

お前の手があれば きっと

ここに 帰ってこられるから』

 

『「明日に後悔だけは残さない

何を得ても 失っても 笑えなきゃ意味が無い

葛藤 迷走 苦悩?抱えないで

今を生きて 夜を待って また朝を迎えたい」』

 

「もし くだらない幻想に

囚われた時は蹴り飛ばしてやろうか」

 

『明るい場所で薄暗い考えに

囚われる事もあるけど

 そんな時は お前の光を目指して歩くよ

だから いつも そこで照らしていてくれ』

 

『「今日も後悔だけは生み出さない

大切なものは手放さずに 走れなきゃ意味が無い

悲しい事があっても振り切って

明日も生きて 朝を待って また夜を越えて行く」』

 

『とめどなく流れる時間は 待ってなんてくれないだろ

遅れた奴から 置いていかれるんだ

準備する暇があるなら進み出したい』

 

『「一生 後悔なんて抱えない

かけがえないものだけ拾って最後まで笑ってやる

困難 災難 不運?知らねぇな!

今を生きて 明日も生きて

夜を待って 朝を迎え

 

強く生きて 走り抜けて

朝と夜を越えて行く」』